つわり対策110番について

つわりになったときの対策をご紹介

つわりと好相性の生姜

健康食品として誰もが知っている生姜。生姜は体を暖める、血行を良くするなど言われていますが、吐き気を和らげる作用もあると言われており、つわりの嘔吐や吐き気に悩まされている妊婦さんにはうってつけの食材とも言えます。

生姜は様々な料理に取り入れられている、日本人の食卓には馴染み深い食材です。お肉に下味をつけるときや煮込み料理、炒め物、そして漬物にしたり、お茶として楽しむこともできる幅広い食材です。

つわりによって変わる日常生活

妊娠、出産する過程でほとんどの人が経験するつわり。その症状や期間は個人差があり、実際のところはなってみなければわかりません。書籍やインターネットなどで調べるのも大事ですが、実際につわりを経験した人の言葉というのはとても参考になります。

食べづわりの人に話を聞くと、「常になにか胃に入ってないと気持ち悪くて仕方がなかった。食べ続けているわけにもいかないから、小さなパンやチョコレート、キャンディーを常に持ち歩き、ちょこちょこと食べていました」と語ってくれました。「ただ、つわりが落ちついた後の体重管理が大変でした」と、妊娠中の体重管理との板挟みに苦労したそうです。

つわりと病気の違い

普段、健康な人が嘔吐や吐き気、または過食症のような異様な食欲があったりすると間違いなく病気を疑います。病院に行けばお医者様が症状に合った適切な薬を処方してくれますが、同じような症状でもつわりとなると薬は出ません。つわりは妊娠期間の一つのステップであり病気ではないからです。

病気ではないとはいえ、つわりは辛く、少しでも楽になる方法があれば試さずにはいられません。薬を服用するのではなく、身近な食品や身の回りの改善に気を付けることで、すこしでも症状を和らげようとします。

つわりの始まりと終わり

妊娠期間中で一番つらいとされているつわり。その期間は個人によって様々であり、一概には言えません。ただ、安定期前に終わる方が多いようです。

初期・中期・後期と分けられる妊娠期間で、初期の1〜2ヶ月目あたりに始まる事が多く、3〜4ヵ月目あたりの安定期に入る頃になると落ち着いてくるようです。なかにはつわりがまったくなかった人や、出産までつわりの症状に悩まされた人もいます。

つわりと流産の関係

お母さんの体内では、赤ちゃんが無事に育っていくように妊娠すると体の機能が大きく変化していきます。その一つがつわりであり、これは赤ちゃんが体内ですくすくと育っているサインでもあります。つわりのリズムは個々人によって様々で、その期間、症状は一概には言えません。なかにはつわりが始まらないまま出産を迎える人もいます。

つわり対策110番カテゴリー項目一覧

おすすめサイト

健康状態について

食事で対策する

生活の仕方

注意すべきつわり

妊娠期間